アラスカの大自然の中で武道する毎日を雑記


by alaskakendo

十数年ぶりに戻ってきた生徒との稽古

アラスカ剣道クラブは毎週土曜日にフリーの地稽古セッションを行っている。

2018年2月17日、そのセッションにある男が現れた。

20年ほど前にアリューシャン列島の離島の町に教師として転任していった剣道の生徒だ。
若くてエネルギッシュだった彼は、多少白髪は増えたけれども、その熱いエネルギーに満ちたところは変わらないままだった。

そして剣を交えた瞬間、それが証明された。
その時の稽古の模様の一部はユーチューブで紹介しよう:https://www.youtube.com/watch?v=EZ-qoW4zgqk&feature=youtu.be



b0241736_06183952.jpeg
かの地でも独りで稽古を続けていたという彼は、左義手を見事に使いこなして、段レベルの稽古を披露してくれた。


b0241736_06190669.jpeg

そして昨年の夏、教師としては最高レベルの校長先生として再びアンカレジに戻ってきたというのである。

彼の剣の師としては誇りであり、独り感動しているのであった。
と同時に、自分もジジイレベルが上がってきた、と独り複雑な思いに駆られるのであった。




[PR]
by alaskakendo | 2018-02-20 06:28